Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

時間割引率とは

こんにちは、キャンディです。

自分だけでなく家族も喜んでくれる

 時間割引率の低い食事をたくさん作ろう!

夫や子供は

砂糖と油がたくさんの味に慣れているため、シュガーフリーでも美味しいことを、なかなか分かってもらえません 。

でもかぼちゃ嫌いな子供、塩だけで味付けした「かぼちゃのポタージュスープ」は大好きです。時間割引率の概念について、成功した方の本には、言い回しはその人なりの文章ですが、中身は同じことが書いてあることに気がつきました。

 今までは、複数の方の本を読んでも「なるほどここまで頑張んないといけないんだ、毎日続けなきゃいけないんだ」と「わかっちゃいるけどやっぱりね」と思うことがしばしばでした。

でも今週、時間割引率について学び、『考え方の基本も、時間割引率の低さから来ているのだ』と自分で気がつくことができてとても腹落ちしました。自分で気づくことができたことの収穫はとても大きいです。これから本を読むときの視点が変わります。また手前の我慢と将来の楽しみという部分については、「良薬は口に苦し」ということわざがあるからでしょうか、我慢の後に幸せがある、ようなイメージが日本に住んでいると植え付けられているように思いました。でもそうではなく

 今を楽しむ、将来のために

だと理解できることができるようになったのは「身体に良い健康に良い食べ物は美味しい」ことが実感できたからだと思います。シュガーフリーを実践されている方は多いと思いますが、シュガーフリーをしばらく続けると市販の加工食品を食べた時に「相当砂糖が含まれているな」ということが分かるようになりますよね。

砂糖で後を引く旨さに騙され、以前はやめられなかった加工商品を今では胃が拒絶してしまう、シュガーフリー生活を続けて得られる体験ではないでしょうか。

 良薬も美味しい!のです。