Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

アパレル通販のユーザーレビューを見て思うこと、返品送料無料を使わない人が多いのはなぜ?

10年以上前のデジタル化が今ほど進んでいなかった時代は、通販の場合、返品時の送料は購入者が負担するのが当たり前でした。

返品時の送料無料をどの会社がやりだしたのかまでは覚えていないのですが、これだけメジャーになったのは、 Amazon プライム会員限定の特典であることが大きいと思います。私は足のサイズが大きいので、 Amazon ファッションで靴を購入することが多いです。

Amazon は、サイトではゆうぱっくを推奨しているように感じるので、ついつい単品時の送料無料はゆうパック限定なのかなと思ってしまうのですが、よくヘルプ画面を読んでみると、 どの配送会社でも着払いで発送して問題ないようです。

今時アプリで、集荷のお願いも簡単にできます。アプリをインストールしないまでも、 ほとんどの配送会社は、公式ホームページから集荷依頼を受け付けているのではないでしょうか。にもかかわらず、 ユーザーレビューを読んでいると、「返品は面倒なのでこのまま使いますが、 M サイズの割には大きめでした」などと書いてあることがあります。私にはこの心理がどうしても理解できません。 多少手間はかかりますが費用の負担はありません、もう少し小さいサイズであればびったりだと思うのであれば、交換しちゃえばいいのに、と思ってしまいます。
せっかく、 素敵な特典を付けてくれているのに、もったいないなーと思う暮らしの一コマです。

また、ユニクロでは、配送センターへの返品は、 全品送料無料キャンペーン期間以外は有料ですが、 オンラインで購入した商品も店舗での返品を受け付けています。
ユニクロもベーシックなものは多数の在庫がありますが、コラボ商品など販売数の少ない商品もあります。そんな時オンラインで買って、店舗で返品できるというのはとても魅力的だと感じます。が、 ユニクロのレビューにも上記と同じように「返品は面倒なのでこのまま着用します」と書いてあるのです。

私にとって、コンビニから発送したり、家まで集荷に来てもらう手続きをすることは 、手間はかかると感じますが、合わないサイズの商品を使い続けるほうがストレスです。いくつか返品時送料無料という ONLINE SHOP を見かけるたびに、このショップは経営が続くのだろうか?という疑問が生じますが、 自分のように実際返品をする人は多くなく、返品時の送料はそれほど重い負担ではないのかもしれません。

AmazonFashion の利用(Prime Wardrobe)

また AmazonWardrobeというサービスも素敵だと思いますが、注意が必要です。

メリット

①注文時に課金されない
②返品しない商品にだけ課金される
③ M と L を同時に注文し、フィット感の良いサイズを選ぶことができる

デメリット

①返品可能なのは七日間だけ
②七日間は意外と短い
③もし返品し忘れたら、全ての商品を購入する羽目になる
④ Amazon ワードローブに登録している商品を3個以上注文しなければならない

子供用の靴なども、 Amazon ワードローブ対象商品があるので、例えば23を主に履いている場合、22.5、23、23.5 の3つを注文して、子供が気に入ったサイズを購入するという方法もありです。私は数回この方法で購入しましたが、実店舗に出かけいろんな靴を試着させるよりは、お互い体力面・精神面において負担が少ないと感じました。こどもがご機嫌な時に、お家で試着させればよいのです。
このサービスが始まり1年以上経っているかと思うので、それなりに利用者は多く収益を上げているのかな、などと勝手に考えています。