Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

九州育ちが思う東日本大震災

私は人生のほとんどを九州で過ごしましたが
東日本大震災の3年後から約6年間を仙台で過ごしました。
そして思うこと。
仙台(おそらく東北圏)では毎年、3月11日午後2時46分に黙祷します。
内閣府からも依頼されていますね。
https://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html

でも、遠く離れた九州では、黙祷する様子はあまりみかけることがありません。

では8月6日と9日はどうでしょう。
そう、広島と長崎に原爆が投下された日です。
サイレンが鳴り響き、黙祷します。
でも、仙台ではこの日にサイレンなんてきいたことありません。

私は子供の頃、夏休みの登校日8月6日に、
広島と長崎の原爆について学びました。
でも、仙台の小学校に通った子供は、
登校日に戦争について学んではいませんでした。

防災教育にも地域性があるようです。
悪いことではないと思います。

だから、ある特定のことについて
「風化させない」
「あの日を忘れない」
というのは少し違和感があります。