Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

無意識の習慣とクルーズコントロール

クルーズコントロール、ご存知ですか?
車の走行スピードを一定に保つことができる機能、それをクルーズコントロールといいます。

高速道路が中心のアメリカでは広く普及していますが、一般道で平均時速六十キロ以下の規制が多い道路中心の日本ではあまり復旧していないようです。

私は中古車を購入した際、この機能がついていたので使い始めたのですが、とても良いです。

高速道路をよく利用される方には、特におすすめします。

では、何が良いのでしょうか。

速度コントロールすることを手放し、ハンドル操作のみに集中できることです。
元気の良い日にはそれほどでもないのですが、悪天候時は本当にこの機能の素晴らしさを実感することができます。

例えば大雨の時でも、アクセルやブレーキのコントロールから解放され一定速度で走ることができ、ハンドル操作に集中できます。

私の車の場合、安全面からクルーズコントロールで設計できる、最高速度は115キロまで。

晴天の日は最高の115キロで走っていても、例えば高速道路の場合スポーツカーなどからあおられることがあります。でもこれが雨天時になると、まずあおられる事はなく快適に走行できます。
おそらく雨天時も他の車は、スピードに気をつけながらスリップに気をつけながら運転されているのだろうと想像します。
この時スピードコントロールだけでも集中しなくて良いのは、とても快適なことなのです。

そしてふと運転中に考えます。
自分の行動のうち重要なことの1つだけでも自動化できたら、それはとても快適なことなのだと。
目標に向かって進む時、その1つを無意識に行えるまでに自動化する、もしくはテクノロジーに任せて自分は操作を行わない。この変化だけで、自分の余力が変わります。自分の時間が有効に使えるようになるのです。私は雨の日に運転しながら、そのことをしみじみと感じています。

クルーズコントロールのように、何か自動化できることがないか、何かお任せできることがないか、日々考えながら過ごしていきます