Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

私の読書法~ 耳読する

現在の日常生活の中では車で移動する時間が長いので、読書は
FireでのKindle読み上げ( 耳読 )
の二つを利用しています。
オーディブルは、安くはないのですが、毎回Kindle読み上げでは味気ないので、お気に入りの俳優さんによる読み上げを月に1度は利用するというイメージです。素敵な声の俳優さんによる読み上げは癒しの時間でもあります。ちなみに今オーディブルで聴き続けているのは、宮部みゆきさんの模倣犯シリーズです。
オーディブルは読み上げに特化しているので、再生ボタンと一時停止ボタンで難なく読み上げ読書ができます。

一番の問題点は高価なことです。

オーディブルは、月1500円で1冊の本が購入できるイメージで、2冊目からの購入は実費での支払いが必要になり、安いものでも3000円前後と高価なのです。
そのため、月に1度のお楽しみであるオーディブルと、Kindle耳読を併用しています。

Kindle読み上げをスムーズに行うために注意していることは

  1. Kindle読み上げでは、本の途中に図表が入ると読み上げをストップすることが多いので、文字が多い本を読み上げで読んでいます。図表が多い本は、目で読み楽しみます。
  2. 図表が入らなくても、ページ送りで失敗し、読み上げが止まってしまうことがよくあります。そのためフォントサイズは一番小さくし、1ページあたりに表示される文字の数を多くすることで、読み上げが止まっても、より多くの文字を読み上げてくれるようにしています。

専用端末Kindleでは読み上げできない

ここで一点注意が必要です。
専用端末の、Kindleでは読み上げに現在のところ対応していません。専用端末なので、読み上げもできるだろうと購入したのですが、対応しておらず驚きました。これは読書のための端末を開発したゆえんであるかなと個人的には感じています。
画面の質感は素晴らしく、光を反射しないので目にもとても優しいです。しかし、ページ送りの動作だけは不満です。そのため、Kindleはあまり使わなくなってしまいました。
 
#おうち時間 は本を読もう!