Candy's Diary

日々大切なことを綴っています。 テーマを大きく分けると、キャリア・ヤフオク・覆面調査員・日々の気づき、です。 新し物好きなので、試した商品の中で、良いと思ったもや、ファッション、美容、パソコン周辺機器などなど、多種多様です!

Zoom の使い方~新しいミーティングの設定から 録画まで
Word でサクッとKindle出版
『副業は覆面調査員』Kindle出版しました
PayPayフリマ初めての出品

フミヤさんのファンだから分かるファンベースビジネス

私はデビュー当時から藤井フミヤさんの大ファンである。

ただし長いことコンサートへ行くことはなく、先日20年ぶりにコンサートへ行った。

ファンを作らなきゃファンを大事にしなきゃ、最近のSNSを使ったマーケティングの本には、そんなことが書いてある。そしてそんな本を私も読んだのだが、コンサートへ行ってファンベースの真の意味を実感した。

20年ぶりに見たフミヤさんは、今でも素晴らしい歌声でダンスも披露してくれる。それにファンは魅了されている。ハートを掴まれているのだ。

ハートを掴まれている私には、ハートのつかみ方がわかる。じゃあ何でハートをつかむか、それを今後のビジネスに考えたい。

今では「推し」という言葉に変えられているのか、「推し」とファンは違うのか?

期待を裏切らず、努力を惜しまず、ファンを悲しませない。

歌手のファンでいると面白いこともある。俳優さんのファンにはわからないことかな。

小さい頃から無意識に何回も何回も歌を聴いているので、歌声が耳に残っている。だから例えば駅中などを歩いていて、知らない曲をフミヤさんが歌っていても、「あれ?この声フミヤさん」と気がつく。何が凄いって、乗り継ぎで忙しく歩いている時でも、声が耳に入ってきて脳を刺激するのである。乗り継ぎに間に合うか間に合わないか、そんな状況でも耳が反応し、音をあえて聞こうとしなくても、雑音の中からその声を聞き分けることができる。あまりに詳しく書くとストーカーのようであるが、これぞまさしくファンなのだ。

久しぶりにコンサートの扉を開き、近くに素晴らしい音楽ホールがあることも知った。

コンサートへ行ってからというもの、True Love, Another odeon が頭の中でずっとリフレインしている。こんな気持ちに再びなれたこと、ファンとはどういうものか改めて実感できたこと、コンサートのチケットを取ると言う行動に出て、本当によかったと思う。

1年に1度はコンサートへ行きたい♪